ヘアドネーションという活動をテレビで知りました。

自宅でテレビを見ていたら興味深い番組がありました。

ヘアドネーションという活動を取りあげていました。

初めて知った言葉でした。

ヘアドネーションとは?

髪を失った子供達の為に無償でウィッグを提供する活動です。

大阪の美容師さんが立ち上げたNPOで、髪の寄付を受け付けています。

まず、ウィッグを作るには長さが必要になります。

約31cm以上伸ばす必要があります。

長く伸ばした髪を寄付する為に美容室に直接来店する女性達。

驚いたのが、全国から31cm以上伸ばした髪の束が届けられます。

どれだけの時間をかけて伸ばしているのか、おそらく2年はかかります。

寄付する人それぞれの思いがこめられています。

自分の髪が誰かの役に立つならと綺麗に手入れされた髪を切ります。

ウィッグは18歳未満の子供達に贈られています。

抗がん剤の副作用や原因不明の脱毛等、髪を失ってしまった子供達です。

女性ならだれしもお洒落がしたいはずです。

ましてや人毛のウィッグは高額で子供用のウィッグは少ない。

多くの女性達が賛同して寄付しています。

一つのウィッグを作るのに必要な髪は30人分です。

時間がかかるので、とうしても順番待ちになります。

人毛製のウィッグは劣化するのが速く、数年で交換が必要です。

実際に髪を切りにきた女性とウィッグを受け取った少女の姿がありました。

どちらもよい笑顔でした。

髪を寄付する女性のなかには何度も伸ばしてカットしてもらいます。

子供達の為に時間をかけて綺麗に手入れされた髪です。

バッサリ切った後は晴れ晴れとした笑顔でした。

ウィッグを受け取った少女達。

やっぱり女の子、ウィッグを付けた時の笑顔がとても可愛らしい。

気持ちも前向きになるし、家族も喜んでいます。

提供されたウィッグはとても質がよく、ありがたいと親御さんが言っていました。

寄付する側も使う人の事を考えているので、とても美しい髪でした。

私自身も子供の頃、長く伸ばしていました。

数年かけて伸ばした髪を床屋さんでカットしました。

クセがない髪でしたので、カットされた髪はカツラに使うと言われました。

おじちゃんがカットした髪をおばちゃんが丁寧に束にします。

大事に扱っていたのを覚えています。

小学校を卒業するまで伸ばしていましたが定期的にカットしていました。

その時人の髪でカツラを作るのを私は知りました。

当事はヘアドネーションという言葉はなかったです。

誰かの役に立つならいいかなと考えていました。

どこでも寄付を受け付けている訳ではないので場所が限られます。

素晴らしい活動をされている人がいることを知るきっかけになりました。

標準